症例紹介

足跡犬.PNG

外科手術の症例の一部を順次紹介させて頂きます。

​手術の写真がありますので苦手な方はご遠慮ください。

整形外科​ 

>橈尺骨骨折  >大腿骨遠位成長板骨折  >下顎骨複雑骨折  >中足骨骨折  >大腿骨骨折  >椎体骨折

>膝蓋骨内方脱臼(パテラ)  >前十字靭帯断裂  ​>股関節脱臼

軟部外科

>副腎腫瘍  >胆嚢摘出  >口蓋裂整復  >SUBシステム  >会陰尿道造瘻術  >横隔膜ヘルニア  >会陰ヘルニア  

>短頭種気道症候群(軟口蓋切除、尾翼切除)  >脱肛  >急性水疱性角膜症(眼瞼フラップ) >眼球突出

>異物誤食(胃腸切開、内視鏡下摘出) >脾臓腫瘤 >断脚(前肢、後肢) >乳腺腫瘍切除 >膀胱結石

眼科外科

>チェリーアイ  >急性水疱性角膜症(眼瞼フラップ)  >眼球突出  >眼瞼腫瘤切除

その他

>鼻腔生検  >骨髄穿刺  >消化管内視鏡下生検

橈尺骨骨折

 

自宅で落としてしまってから、前肢を挙上していると来院されました。

レントゲンで右前肢の「橈尺骨遠位部での骨折」が認められたため、飼い主さまと相談したうえで手術することになりました。

橈尺骨骨折は小型犬で好発の部位ですが、今回の症例は小型のトイプードルで、骨幅が4.7mmとかなり細いため比較的難易度が高い手術となりました。

手術は骨折線を整復し、T字型のプレートを用いて固定しました。

術後の経過は良好で、骨癒合が認められた時点でプレートの抜去を行い、問題なく歩行できるようになりました。

橈尺骨遠位部骨折

橈尺骨骨折(術前).jpg
橈尺骨骨折(T字プレート、カッタブル)_edited.jpg
橈尺骨骨折(術後).jpg

​②手術直後

手術所見

​①手術前

橈尺骨骨折(脱プレート前).jpg

​③手術後(脱プレート前)

橈尺骨骨折(脱プレート後).jpg

④脱プレート後

その他の橈尺骨骨折の症例も一部紹介いたします。

橈尺骨骨幹部骨折

橈尺骨骨折2(術前).jpg

​①手術前

橈尺骨骨折(骨幹部1)_edited.jpg

手術所見

橈尺骨骨折(骨幹部2)(プレート)_edited.jpg

手術所見

橈尺骨骨折2(術後).jpg

​②手術直後

橈尺骨骨折2(脱プレート前).jpg

​③手術後(脱プレート前)

橈尺骨骨折2(脱プレート後).jpg

④脱プレート後

橈尺骨遠位部骨折

橈尺骨骨折3(術前).jpg

​①手術前

橈尺骨骨折3(術後).jpg

​②手術直後

橈尺骨骨折3(脱ピン後).jpg

③脱ピン後

 

大腿骨遠位成長板骨折(Salter-HarrisⅡ型)

自宅で落としてしまってから、後肢を挙上していると来院されました。

レントゲンで右後肢の「大腿骨遠位部での骨折」が認められたため、飼い主さまと相談したうえで手術することになりました。

本症例はまだ6ヶ月齢のため、骨に成長板が残存しております。

成長板は骨が成長するため重要な組織で、傷害されると骨の成長が止まってしまうため、手術により損傷しないようインプラントを選択する必要があります。

手術は骨折線を整復し、髄内ピンをクロスピンとして固定しました。

3ヶ月後にピンの抜去を行い、術後の経過も良好です。

大腿骨遠位成長板骨折

大腿骨遠位成長板骨折(術前).jpg

​①手術前

大腿骨遠位成長板骨折(術後ラテ).jpg

​②手術後

大腿骨遠位成長板骨折(術後vd).jpg

​②手術後

大腿骨遠位成長板骨折(脱ピン後).jpg

③脱ピン後

 

下顎骨骨折(下顎枝複雑骨折、犬歯尾側斜骨折、下顎結合骨折)

飼い猫が外に逃げてしまい、その後外傷を受傷した状況で保護されました。(オーナーさんも無事にすぐ見つかりました。)

顔面に強い外傷があり眼内出血や口蓋裂、下顎骨折が認められました。

今回の骨折はレントゲンで詳細な状況は把握しづらいですが、下顎枝複雑骨折(下顎の根元の骨折)と犬歯尾側斜骨折(犬歯の後ろの骨折)、下顎結合骨折(下顎の真ん中の骨折)が認められました。

本症例は下顎骨骨折整復の手術の際に、口蓋裂の整復も同時に行いました。

手術はそれぞれの骨折線を整復し、サークラージワイヤーで固定しました。

術後は咀嚼が可能になり、4ヵ月後にも骨折線のずれは無く、骨の癒合も認められ経過良好です。

下顎骨折(下顎枝複雑骨折、犬歯尾側斜骨折、下顎結合骨折)

下顎骨骨折(術前).jpg

​①手術前(下顎枝複雑骨折)

下顎骨骨折(術前2).jpg

​①手術前(犬歯尾側斜骨折)

下顎骨骨折(術後).jpg

​②手術後

下顎骨骨折(術後2).jpg

​②手術後

下顎骨折1.JPG

手術所見(犬歯尾側斜骨折)

下顎骨折2.JPG

手術所見(犬歯尾側斜骨折、下顎結合整復後)

下顎骨折3.JPG

手術所見(下顎枝複雑骨折整復後)

中足骨骨折

 

散歩中から急にびっこを引くと来院されました。

​レントゲンでは、左後肢の第3、4、5中足骨の短斜骨折が認められました。

足を支えるためには、体重を支えるための負重骨である第3か第4中足骨のどちらかが必要になります。

本症例では第3、4負重骨の両方とも骨折が認められたため、手術を行うことになりました。

手術はそれぞれの骨折線を整復し、髄内ピンで固定しました。

術後は通常通り圧迫包帯で固定し、骨の癒合が認められた時点で脱ピンを行い、その後も経過良好です。

中足骨骨折

中足骨骨折2(術前).jpg

​①手術前

中足骨骨折2(術後).jpg

​②手術後

中足骨骨折2(脱ピン後).jpg

③脱ピン後

その他の中足骨骨折の症例も一部紹介いたします。

中足骨骨折

​①手術前

中足骨骨折(術前).jpg
中足骨骨折2.JPG

③手術所見(髄内ピン挿入時)

中足骨骨折(術後).jpg

​②手術後

中足骨骨折1.JPG

③手術所見(術前)

中足骨骨折3.JPG

③手術所見(髄内ピン挿入後)

中足骨骨折4

③手術所見(髄内ピンカット後)