眼科

白内障

 

人と同様に動物でも白内障を発症します。

白内障は、眼の中のレンズである水晶体が白く濁った状態を言います。

原因として、先天性や遺伝性、代謝性、外傷性などがあります。

症状

初期の段階だと、症状がなく、見た目でも分からないことが多いです。

進行すると、眼が白っぽく見えたり、視覚障害により物にぶつかるといった症状も認められます。

診断

スリットランプを用いて、水晶体の混濁を確認します。

進行度に応じて、未熟、初発、成熟、過熟白内障に分類されます。

水晶体起因性ブドウ膜炎(LIU)を併発することも多いので、必要に応じて眼圧等も確認します。

​白内障の原因となる基礎疾患の精査のため、全身の検査も考慮されます。

成熟白内障

治療

白内障の原因に応じて、基礎疾患があればその治療を行います。

基本的には白内障の進行を抑制することは困難ですが、一般的には初期の段階から点眼薬を用いることが多いです。

重要なのは、白内障が進行した際に併発する、水晶体起因性ブドウ膜炎や緑内障などを、治療していくことです。

放置すると眼の痛みを感じたり、白内障の進行が早くなる可能性があります。

人工眼内レンズ挿入術の外科手術を希望される場合は、眼科専門医に紹介させていただきますのでご安心ください。

​網膜剥離に進行した症例での、強膜内インプラント挿入術は当院でも実施しておりますので、ご相談ください。

​進行性網膜萎縮

 

進行性に網膜が変性し失明に至る疾患です。

症状

初期は夜間の視力低下から始まります。

徐々に昼間も視力が落ちてきて、採取的には失明に至ります。

診断

倒像鏡で網膜を観察しますが、早期には特徴的な所見が出現しないので、主に他疾患の除外を行います。

正確な診断は、網膜電図検査により行いますが、麻酔が必要なため必須ではありません。

進行性網膜萎縮症から、二次的に白内障を発症することもあるので、注意が必要です。

進行すると網膜血管の狭細化や、タペタム領域の反射異常が観察されます。

眼底像(網膜)

治療

治療方法は現時点ではなく、緩和を期待してサプリメントが投与されることが多いです。

​二次的に白内障を発症することもあるので、併発疾患の治療を行う必要はあります。

乾性角結膜炎

 

人でいうドライアイです。

涙膜の欠乏により様々な症状を引き起こします。

症状

粘性のある目やにが出たり、角膜の色素沈着が見られることが多いです。

乾性角結膜炎では粘性の目やにや、角膜の色素沈着が認められることも多いです。

重度乾性角結膜炎

診断

シルマーティアテストにより、涙液量を測定することで診断します。

乾性角結膜炎の原因となる基礎疾患も精査します。

犬では免疫介在性のことが多いです。

シルマーティアテストにより、涙液量の測定を行います。

シルマーティアテスト

治療

免疫介在性のことが多いので、免疫抑制剤の含まれた眼軟膏を塗布します。

乾燥を抑えるために涙液に近い点眼薬や、軟膏も併用します。

症状が重度な子は、色素沈着により視界がかなり狭まってしまうこともありますので、早期から治療を継続することが大事です。

基本的には完治できる疾患ではなく、生涯付き合っていくことが多いので、しっかり相談したうえで治療していきましょう。

​稲毛区・若葉区からのアクセスも便利です。

​千葉中央どうぶつ病院

千葉中央どうぶつ病院

〒260-0018​ 千葉県千葉市中央区院内1-2-8 川上ビル1階

TEL/FAX

043-386-5371